Logo72dpi.jpg



流れをみつめ、未来を拓く Mobility Innovation

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

交通運用

交通処理計画
信号交差点や駐車場などの適切な交通処理を提案するために、マイクロシミュレーションなどを用いて面的な交通の流れの分析・評価に取り組んでいます。

マイクロシミュレーション
当社では自動車交通流のマイクロシミュレーションソフトとして
 ① NETSIM
 ② WATSim
 ③TRAFFICSS
を保有しています。また、信号時間検討ソフトとして最新理論に適合したモデル『APS-λwin』を保有しています。

unyo_shori.jpg左写真の交通流をWATSimを
用いて検討した例

交通需要マネジメント
交通需要の時間的・空間的分散を目的とした情報提供のために交通特性を多角的に分析するとともに、利用者にとって分かりやすい情報資料の作成に取り組んでいます。

unyo_manage_guide.jpg渋滞予測ガイドによる
交通分散の呼びかけ
unyo_manage_koho.jpg渋滞緩和広報

交通管制システム
複雑化する高速道路ネットワークに対応した交通情報の拡充に向け、交通管制システムに係る中央処理装置の機能強化やパラメータ設定の検討に取り組んでいます。

高度道路交通システム
安全、円滑、快適な高度道路交通システムの実現に向け、画像処理技術による交通挙動解析やドライビングシミュレータを用いた視認性・走行性の検証など、目的に応じた調査手法による分析検討に取り組んでいます。

unyo_ucwin.jpgUC-winRoadを用いた視認性の検討例unyo_simu.jpgドライビングシミュレータunyo_gazo.jpg画像処理を用いたETC車の交通挙動解析例

トンネル防災計画
トンネル内火災の拡大と二次災害の発生防止を目指し、トンネル内の各種施設の運用方法、火災の早期発見と処理判断、避難誘導と救助活動方法などの検討に取り組んでいます。

お問い合わせは......

当社「企画開発部」までお気軽にお問い合わせ下さい。